【乳酸菌!】トップ > 効果や影響について > 胃がん防止と乳酸菌

胃がん防止と乳酸菌

日本人は胃がんにかかる人が非常に多いのですが、

医学の進歩により、死因としてはだいぶ順位が下がってきました。

しかし胃がんになってしまう方は相変わらず多いのが現状です。

そんな胃がんの原因とされているのが、いわゆるピロリ菌です。

その憎いピロリ菌と戦って胃がんになる可能性を減らしてくれるのが、

みなさんも聞いたことがあるであろう乳酸菌の「LG21」です。

ピロリ菌は、このLG21が出す乳酸に弱く、えさも奪うので、

有効と考えられています。


しかし、乳酸菌は酸に弱いため、普通の乳酸菌では、

胃の中にとどまる事はできません。

しかし、この胃酸に強いのがLG21の特徴のため、

よく使われるようになりました。

それでLG21と名のつくヨーグルトを始めとした商品が

たくさん販売されているのです。


日本人は、ピロリ菌保有率が非常に高い民族と言われていますから、

このLG21を使った製品を使い、胃がん予防に努めていきましょう。

……この記事の全文をみる
効果や影響について
乳酸菌がもたらす影響は効果などについて。

前の記事 | 次の記事

関連記事