【乳酸菌!】トップ > 悪玉菌について > クロストリジウムとは

クロストリジウムとは

腸内環境を悪化させ、様々な病気や症状の原因となっていく

悪玉菌の増加ですが、乳酸菌などの善玉菌の減少によって加速します。

様々な種類の悪玉菌がありますが、病原菌は別として、

嫌気性菌がまた厄介な菌なのです。

一番有名な所で言うと、クロストリジウムでしょう。

この菌は、腸内で腐敗物質やその他有害物質、発ガン性物質などを

作りだすといった、非常に有害な働きを活発に行う悪玉菌です。


しかしながら、このクロストリジウムは、特別な菌という訳ではなく、

ほぼ全ての人が持っている菌で、腸内でなんと1000億個も存在します。

この厄介な菌は、もともと、胆汁酸を分解して二次胆汁酸を作る菌で、

乳酸菌が多くなると、生育環境が悪化し減少していきます。

そんなことからも乳酸菌は人間にとってとても重要な善玉菌になりますから、

大きく減少させないようにしなくてはならないのです。

……この記事の全文をみる
悪玉菌について
乳酸菌の敵、とまで言われるのが悪玉菌。その悪玉菌とは?

前の記事 | 次の記事

関連記事