【乳酸菌!】トップ > 悪玉菌について > 悪玉菌について

悪玉菌について

我々の健康に大変大きな変化をもたらす腸内環境。

善玉菌と悪玉菌の絶妙なバランスで成り立っています。

善玉菌とは、乳酸菌を始めとした、

我々の体に有益な作用を起こしてくれるのものです。

それに対して悪玉菌とはどんなものなのでしょうか。

善玉菌の逆ですから、体にとってトラブルを起こす素の菌といえます。

例えば、腸内にとどまり腐敗を起こしたり、細菌毒素や発ガン物質を

作り出すことで、健康を害して、

病気を引き起こす引き金になる菌のことを

一般に悪玉菌と呼んでいるのです。

悪玉菌の種類としては、クロストリジウム、ウェルシュ菌、

バクトロイデス、ベーヨネラといった嫌気性菌と、

ぶどう球菌、大腸菌、赤痢菌、サルモネラ菌などの病原菌等が有名です。


……この記事の全文をみる
悪玉菌について
乳酸菌の敵、とまで言われるのが悪玉菌。その悪玉菌とは?

前の記事 | 次の記事

関連記事