【乳酸菌!】トップ > 何種類もある乳酸菌 > ラクトバチルスとはなに?

ラクトバチルスとはなに?

ラクトバチルスと聞いてもピンとこない方は多いでしょう。

乳酸菌で有名な名前といえば、ビフィブス菌かもしれませんが、

使われる頻度でいえば、このラクトバチルスが

なんといってもNO,1ではないでしょうか。


このラクトバチルスは、乳酸菌飲料や発酵乳、

はたまたチーズ独特の風味もこのラクトバチルス属の

乳酸菌によるものなのです。

ラクトバチルスには他にも色々と菌種があります。

有名なところでは、ビフィブス菌が実用化されるまで、

ヨーグルトで使用されていたアシドフィルス。

ヒト腸内乳酸菌でもっとも優勢な菌種のガセリ。

「ラクトバチルス・ガセイ・シロタ」と名付けられて、

ヤクルトでおなじみのシロタ。

自然界の中である種の抗生物質を作り出し、

様々な病原菌の増殖を抑える働きがあるロイテリなどがあります。

乳酸菌というのは本当に奥の深い菌なんですね。

関連情報*ラクトフェリンについてはこちら→ラクトフェリン

……この記事の全文をみる
何種類もある乳酸菌
乳酸菌は1種類ではありません。何種類もあり、今でも研究が続けられています。

前の記事 | 次の記事

関連記事