【乳酸菌!】トップ > 何種類もある乳酸菌 > メジャーはビフィブス菌

メジャーはビフィブス菌

一番有名な乳酸菌はなんでしょう。

それはビフィブス菌ではないでしょうか。

ヨーグルトや飲料にビフィブス菌入りの商品が

たくさんありましたし、

コマーシャルでも発売当時、連呼していましたからね。

しかし、このビフィブス菌というのは、特定の株を指しているのではなく、

乳酸菌の種類の中のある一群をさす名称なのです。

いま分かっているビフィブス菌は35種類あります。

その中で人間の腸の中棲みついて活動できるものは、

8種類程度何だそうです。

また、ビフィブス菌の特徴として挙げられるのものは、

まず人の腸に最も多く存在し、

また工夫をすれば、生きたまま腸に到達することが可能ということ。

そして、酸素があると生きられなかったり、酸に弱いという性質もあり、

増殖する温度が人の体温と同じくらいということでしょうか。

種類によっては、少し酸や空気に強くなったものなどもありますが、

多くのビフィブス菌には、このような特徴があるのです。

……この記事の全文をみる
何種類もある乳酸菌
乳酸菌は1種類ではありません。何種類もあり、今でも研究が続けられています。

前の記事 | 次の記事

関連記事