【乳酸菌!】トップ > 効果や影響について > アトピーと乳酸菌

アトピーと乳酸菌

たいがいは、子供のうちに治ると言われているアトピー性皮膚炎。

人によっては大人になっても苦しんでいる方もいらっしゃいます。

原因は様々ですが、食物性のアレルギー、動物や粉塵などの

アレルギーの方がそれぞれのアレルギーに対して、

湿疹やかぶれがでて、かゆみが止まらなくなってしまうが、

原因とされています。

アレルギー体質の改善が治癒にとってはよいのですが、

そう簡単にいくものではありません。


実は研究によれば、乳酸菌の「GG株」の摂取が

アトピー性皮膚炎に効果を発揮することが分かってきました。

非常に多くの患者の方の検証結果によって、

それが実証されてきているのです。

しかもそれだけにとどまらず、妊婦の方がこの乳酸菌GG株を

摂取することで、生まれた赤ちゃんがアトピー性皮膚炎に

かかる可能性も低くなることも分かってきています。

現在、GG株はヨーグルトなどに使われていますが、

自分のため、または、生まれて来る命のためにも

摂取をする努力をすることは重要なのではないでしょうか。

関連リンク|乳酸菌についてもっと詳しく→クリック

……この記事の全文をみる
効果や影響について
乳酸菌がもたらす影響は効果などについて。

前の記事 | 次の記事

関連記事